水源の特徴

山陰海岸ジオパークエリア内の鳥取砂丘付近の水源より採水した、貴重な天然水。安心・安全に自信を持ってお届けします。

鳥取県は緑豊かな山々に囲まれ、自然に恵まれた最高の環境にあります。
世界ジオパークネットワークに加盟認定された、地球科学的自然遺産を多数有する、山陰海岸ジオパークエリア内の鳥取砂丘付近にある水源から湧き出た高品質の天然水。
この自然からの贈り物である良質な天然水を、採水から納品まで品質管理体制を一貫し、安全・安心・美味しい状態でお客様にお届けします。

恵まれた水源の環境

世界が認めた自然遺産が豊富な山陰海岸ジオパーク内の水源

2004年にユネスコの支援の下で設立された『世界ジオパークネットワーク』に認定された地域は、日本ではわずか8地域(2015年現在)です。そのうちの1地域である山陰海岸ジオパークエリア内にジオグレイスの水源はあります。
山陰海岸ジオパークは、山陰海岸国立公園を中心として東は京都府(京丹後市)、兵庫県(豊岡市・香美町・新温泉町)、鳥取県鳥取市の西端まで東西約120kmに広がる自然公園です。日本列島がアジア大陸と陸続きであったとされる約4000万年前の岩石から、今日に至るまでの経過が確認できる地質学的に貴重で多様な地質遺産を有しており、その科学的な特徴から「地形・地質の博物館」とも言われています。

美味しい天然水には必要不可欠な緑豊かな山々が育んだ水環境

鳥取市街を包み込むように広がる扇ノ山(おおぎのせん)。山腹から発した袋川には山から溢れた水が作り出す滝がかかっています。鳥取県は、清らかな水と緑豊かな自然囲まれている地形で、古くから人々に親しまれ大切に引き継がれてきた恵まれた水環境があります。
澄みきった天然水の生みの親とも言える、最高の環境です。

自然のパワーが集結鳥取砂丘

山陰ジオパークの代表的なエリアの一つである鳥取砂丘は、鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる、日本でも代表的な海岸砂丘です。1955年には国の天然記念物に指定され、2007年(平成19年)には日本の地質百選に選定されました。 長い年月をかけて堆積した鳥取砂丘は、ダイナミックな自然のパワーを感じることの出来る場所です。
水源は、鳥取大砂丘から車で15分圏内(鳥取県鳥取市福部町八重原)にあります。